ゴールデンレトリーバーの半年の子犬のトイレのことで相談です。ペッ…

犬に「こちょこちょ」して、くすぐったい場所とかあるんですか?

犬に「こちょこちょ」して、くすぐったい場所とかあるんですか?

ありますね!うちはゴールデンレトリーバーですが、ものすごいくすぐったがりやです。
脇の後ろ足の付け根付近をカリカリしてやると、ひっくり返ってもんどりうち、後ろ足を蹴り上げたり自分の前足を噛んだり、まるで笑いをこらえるようなしぐさをします。
あと、寝ているときに肉球をくすぐると、すぐに目を覚まし、足をキックしてきます。
しつこくやると、起き上がって足の裏を床にこすりつけます(笑)そこまでイヤか、って感じです。
あんまりおもしろいので、こちょこちょはしょっちゅうやっていますが、最近では、察知してヤツのほうから逃げていきます。
残念・・・。

あります。
私の愛犬が膝の上で寝ていて、ちょっといたずらしたくなって耳の中の毛をそっと触ると、耳を振って嫌がります。

また、愛犬がサークルで寝ていて、寝顔が可愛いのでちょっといたずらしたくなって前足よりも後ろ足の肉球をそっと触ると、後ろ足を引っ込めたりして嫌がります。どちらも愛犬はくすぐったいのでしょうね。

愛犬のそんな仕草も本当に可愛いです。>足の裏です。
肉球の間の毛を逆撫ですると、足を引っ込めます。>

ゴールデンレトリーバーの半年の子犬のトイレのことで相談です。
ペットシーツの上…

ゴールデンレトリーバーの半年の子犬のトイレのことで相談です。
ペットシーツの上でおしっこすることができるようになったのですが、下に防臭シートを敷いてから、匂いが変わったのか、そこでしなくなりました。
それからは、室内のいろいろなところでおしっこするようになってしまいました。
どうしたら、もとのようにシーツの上でできるようになるでしょう。
できたらペットケージの中でしてほしいのです。

せっかく覚えたのに残念な結果になりましたね。
防臭シートの匂いで出来なくなるなんて、少しナイーブな子なんでしょうか?粗相をしたらシーツを使って拭き取り、そのシーツをトイレに置いてみる。
匂いを嗅がせ自分のオシッコと分ればするようになる子もいます。
出来れば誉める、粗相は「黙って」片付ける。
暫く視線を合わさないようにすると良いですよ。
違う匂いがするので、ここでしてはいけないと気を使ってるのかも知れませんね。
時間が有る時は粗相する現場を押えると効果的です。
オシッコスタンスになれば「あー!」とか大きな声でビックリすればココでしてはいけないと覚えてくれます。
後、お散歩中にするのならオシッコを言葉で覚えさせるといいです。
初めはオシッコしたら「オシッコ、オシッコ」と関連付けします。
繰り返すと「オシッコ、オシッコ」で自分からするようになります。
ウンチも同じです。

http://www.with-mydog.com/training/01.php
http://www.petseikatsu.com/toire.html
http://www.kao.co.jp/pet/dog/jiten/category03/004.html
トイレのしつけ方が載っています。>大型犬も7ヶ月を過ぎたころから、オスはマーキングをしたがるようになります。大型犬のメスはもう少し先の11ヶ月以降くらいから最初の生理がきますが、その前後は最初は失敗することも多いようです。
しかし、防臭シート設置以降できなくなったのであれば、防臭シートが原因の可能性が高いと考えるのが普通です。
いったん前の状態に戻して、失敗する回数が明らかに減ってきたら、また防臭シートをしてみましょう。
人にはわからなくても、防臭シートのニオイがするので、「ここはトイレではない」と思ってしまったかもしれません。とくにオス犬はそういうことにはナイーブです。
とにかく、トイレで出来たときは、大げさに喜んでみせ、褒めまくり、失敗したときは、黙ってサッサと片付けましょう。その際、失敗した箇所にペットのオシッコ専用の消臭スプレーなども利用して、オシッコのニオイを消しておかないと、「ここもトイレなんだ」と思ってしまう子もいますので、しっかり消臭しましょう。
頭のよい犬種なので、構ってほしくてわざと失敗してみせる子も居たりします。遊びの時間は足りていますか?そういうことにも気を使って、仔犬のうちにしっかりとトイレを覚えさせましょう。
トイレでちゃんとしている最中にやさしく「トイレ、トイレ」、「ワンツー、ワンツー」などの掛け声をかけて条件反射的に覚えさせることも有効です。その後、褒めると覚えがよくなるほか、人が出かける前など、犬に用をたしてて欲しいときに、掛け声をかければ、「ああ、トイレね。」と自分からしてくれるようになりますよ。
犬の訓練全般に言えることですが、「人が犬にして欲しいこと」を「犬ができた」ときに「人が喜ぶ、自分も褒められる」という図式が頭に入った子はどんどん人のいうことを覚え、逆に「人が犬にして欲しくないこと」と「してしまった」ときに「叱られた」場合には、ふてくされたり、悲しい気持ちになったりして自信を失い、覚えがわるい犬になります。
失敗は、常に黙って多めにみて、成功は大げさに褒める、これが成功の秘訣ですよ。がんばってください。>家のヨークシャテリア(4歳)のマリーはいまだにトイレを覚えてくれないです;;
それどころか芸も何にも覚えてないです。
たまにトイレでしますが・・・
でも、かわいいのでぜんぜんおkです^^
だから、あなたはワンちゃんをしつけるのではなく愛が必要ですよ
そうすればもらして臭くても気にならないです>