大型犬(ラブラドールレトリーバー)の奥歯が欠けた ラブラドールの奥…

最近ラブラドールレトリーバーを飼ったんですが、散歩に行くとき走っていってしま…

最近ラブラドールレトリーバーを飼ったんですが、散歩に行くとき走っていってしまうんで、疲れます。
どうすれば人間の歩く速度で散歩してくれるんでしょうか。
よろしくお願いします。

犬が飼い主の前を歩く(引っ張るのも)のも、飼い主のことをリーダーと感じていないからではありません。
引っ張る犬の多くは、引っ張ることで行きたい方向に行ける、つまり結果的にいいことが起きている、ただそれだけなのです。
解決策は、引っ張ってもいいことは起きない、そう犬に教えればいいだけのことです。
引っ張って困ることも含めて、それを何とかすればいいとアドバイスする人もいますが、それだけでは解決にはならないのです。
重要なのは、人と犬の間に基礎となる大切なものを作り上げていくことなのです。
引っ張りは首に負担がかかることよりも、犬に決定権を持たせてしまう、拾い食いや飛びつきなどを防ぎにくいことの方が問題だと思います。
さらに過去に開催された臨床獣医学フォーラムでのストレスの調査では、散歩中引っ張る犬はストレス度が高い、ことが結果として出ています。
引っ張らないようにトレーニング出来ている犬は、飼い主との信頼関係も深く日常の安心感も高いのだろうと思います。
ワンちゃんの日常のストレスを軽減するためにも、ぜひ引っ張らないで歩くトレーニングをなさってください。
つい最近までは(多くのトレーナーや獣医師は今でも)、犬との関係は服従関係が理想と言われていましたが、それは家族のような存在としての犬との関係においては間違いです。
昔ながらの上下関係で唱えるしつけ理論は、いろいろなことをこじつけやすいので、その古い考え方はリセットしてください。
犬が飼い主の言うことを聞かないのは、飼い主のことをボスではない、リーダーではない、と思っているからではありません。
好ましい行動をちゃんと教えていないだけです。
あるいは、指示に従ってもいいことが起きていないか、指示に従わなくともそれで済んでしまっているか、それだけです。
犬を家族のような存在として迎え入れているのであれば、飼い主はボスやリーダーではなく、人間の子供にとっての信頼される親、優しく頼りになる保護者・管理者のような存在になることを目指すことです。
人間も犬も一緒で、嫌なことを自分にしてくる相手とは、信頼関係を築けません。
さらには、一貫性がない、行動が予想できないような相手(約束を破るような相手)も信頼できません。
信頼関係の構築や維持に必要なことは、●相手が「いいことを起こしてくれる存在」●「嫌なことをしない存在」=「嫌な存在ではない」●「嫌なことをなくしてくれる存在」●「いいことを取り上げない存在」と感じさせることで、さらに、「こういうときはこうすればいい」、「こういう時はこうしてもダメ」というのを、具体的に数多く理解させることです。
信頼関係作りには4つの重要事項があります。
1つ目は、「飼い主といれば食いっぱぐれがない」ことを伝えることです。
犬が重要と考えているその1つは、「食物の確保」に飼い主が深く関係している、食べ物を通じて「いいことを起こしてくれる存在」と認識させることです。
2つ目は、犬が重要と考えていることのもう一つ、危険回避に関すること。
飼い主は危険回避に欠かせない存在、「飼い主といれば安心・安全」、「嫌なことをなくしてくれる存在」と伝えることです。
3つ目は「飼い主といれば楽しい」、つまり、遊びなどを通じて、「いいことを起こしてくれる存在」と伝えることです。
最後が、生活全般に渡って飼い主が主導権を持っていること。
「こういうときはこうすればいい」、「こういう時はこうしてもダメ」ということを、しっかり伝えることです。
ご自身が犬になった場合、お任せしていると(主導権を渡していると)、おいしい目に会える、危険から守ってくれる、楽しいことが起きる。
そんな相手ならいつでも一緒にいたいと思います。
こういうことを日常生活を通して伝え、引っ張ってもワンちゃんについていかない、引っ張らないといいこと(褒められておいしいものがもらえる)があるというように教えていくのです。
ただ、中にはその場から逃げたくて引っ張っている場合もあります。
この場合は結果的に嫌なことがなくなる、という学習パターンで行動を起こしています。
対応はそれぞれ違います。
どちらなのかを判断するのは前後に何が起きているか、ボディランゲージはどうかといったことを観察する必要はあります。
家庭犬のしつけ教室では、引っ張りが酷い場合は、ジェントルリーダーやイージーウォークハーネスといった引っ張り防止の道具の装着を薦められることがあります。
物理的に引っ張りができないメカニズムになっていますので、飼い主さんが驚くほどに引っ張りは軽減されます。
しかし、それはあくまでも対症療法。
根本的解決のためには、系統的かつ継続的なトレーニングが必要と言うことを忘れてはならないのです。
ジェントルリーダーhttp://www.finephoebe.com/gl.htmlイージーウォークハーネスhttp://www.finephoebe.com/easywalk.html

最近飼った、ということはまだ若いラブちゃんですかね?
やっぱり仔犬は、特にラブちゃんは好奇心旺盛なので、あっちこっち見たいものがたくさんですよね。
それに、ダーッと意味もなく走るのがすっごい楽しいらしいんですよ。うちのラブによると。
うちのラブも昔は引っ張る、道に落ちてるものは喰う、疲れたら道の真ん中に座り込んで動かなくなってたりしました。

うちのラブはこれでなおりました。
犬を左がわに座らせて落ち着かせてから「ツイテ」といって犬を内側にして円を描くようにぐるぐる回ります。
(犬の足を踏まないように!笑)
犬が離れたりしたらリードをちょんとひいて「ツイテ」といいます。
なんかグルグルまわってるうちに普段から一緒のペースで歩いてくれるようになりました。
おうちのなかで少し練習してから、外などでもやってみるといいですよ。
リードのひきかたも、「グイーっ」とひくのではなく、ショックを与えるように「ちょん」とひくのがいいです。
ちなみにうちのラブの首輪はリードをつけるところがチャカチャカなるようなきんぞくで、あとは布です。ハーフチェーンっていいます。
首がしまりすぎないので安全です。チェーンカラーはグイグイひくワンちゃんは首しまっちゃうかも・・・
うちの犬も「オエーッ」てなってました 笑

今は「盲導犬みたーい!」といわれるほどおりこうに歩いてくれるようになりました。それ以外はまだまだですがww
それから、早いうちからこういう訓練をしておけば一生役にたちますよ。
頑張ってくださいね!>チョークチェーンは使い方・ショックを入れるタイミングなど訓練経験がない方が使うのは無謀といえます。
タイミングって結構難しいものです。訓練士に教えて貰いながらやるならまだしも本で読んだりしただけでは絶対うまくいきません。
基本的な信頼関係が出来てなければ仮に散歩の問題が解決したとしても他の問題が出たときまた最初からとなったら人間が参ってしまいます。
せっかくラブラドールという犬種飼ったのですから訓練にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
基本的な服従訓練を教えると色々応用できて様々な事を覚えてくれます。
訓練と聞くと堅苦しく聞こえるかも知れませんが楽しいですよ。
おすすめは警察犬訓練所に飼い主さんと通って飼い主さんが訓練方法を教えて貰うことです。
ドッグトレーナーとかは、訓練所で修行した人を除いて大型犬の訓練なんてしたことないって人もいるので注意です。>あくまでも自分がやった方法ですが 1例として・・・

散歩は、ハーネスでさせています。

紐を短く持ち(犬のお腹くらいに自分の足がくるくらい) 引くようであれば「引くな!」と言って歩くのを止めるを 繰り返しました。

止まってて「行くよ」って声かけて 引かないであれば「えらいね~」と褒めてました☆

最初の2日か3日くらいは、ちょっとで止まりちょっとで止まりしてたのですが 段々引かなくなってきました。

今は、 紐がゆるゆるでも 先に行かず横を歩いててくれます。

どの子でもって訳ではないですが 地道に訓練すると覚えてくれますよ☆>チョークチェーンを利用するといいと思います。
自分より前を歩いた瞬間、逆の方にグッと引いてください。ちゃんと止まれば大げさに褒めてください。
何度も繰り返すと、きっと直ります!>うちの子はチョークチェーンでしつけました。
ホームセンターに売ってますし手頃な値段で手に入りますよ。犬は散歩が大好きなので走ってしまいますよね。でも犬のペースじゃなくて飼い主さんのペースで散歩してください。>

ドイツ語やイタリア語などヨーロッパの言語で「彼氏」「恋人」とはどう言いますか…

ドイツ語やイタリア語などヨーロッパの言語で「彼氏」「恋人」とはどう言いますか?今度ラブラドールレトリーバーを飼います。
男の子でチョコレート色で、なんというかイケメンです!出逢ったときは私の一目惚れで、恋人に出逢ったみたいだと感じました。
なので、名前は「私の彼」とか「私の王子様」とかそういう意味の外国語にしたいなと考えています。
なにか良い単語や言い回しはないでしょうか?少し長くなっても大丈夫です。
よろしくお願いします!

例えばamante(アマンテ)スペイン語とイタリア語で恋人ma cherie(マ シェリー)フランス語で愛しいあなたなどはどうでしょう

ゴールデンレトリーバーに関する面白い話を教えてください。

ゴールデンレトリーバーに関する面白い話を教えてください。

父の友人が新築を買い、ゴールデンの子犬も購入。
室内飼育ですが躾を何もしなかった(躾を知らなかった)ので、破壊行動が酷く、口が届く範囲の壁紙が無くなり柱はボロボロ。
ダイニングテーブルは1ヶ月で破壊されたそうです・・・それでも『大変なんだよ~』と笑っていられる人なので、父の友人ではありますが私はどん引きでした。
因みに、我が家にはラブラドールとワイマラナー他多数がいます。

犬を拾いました。

犬を拾いました。
多分、雑種ではないのですが、、ゴールデンレトリーバーか、ラブラドールレトリーバーですかね?

可愛いですね。
ゴルもラブもどちらの子犬ももっとごついです^^:どちらも頭の白い班がありませんし耳が大きく鼻筋がもっと太いです。
画像はラブの子です。

なるほど!全然ちがいますね!笑教えてくださってありがたやーです?>どう見ても雑種ですが???>可愛いオンリーワンちゃんデスネ。これもご縁です。大事にしてあげてください( v^-゜)♪>ざっしゅだろうと思います。ゴルでないことは確か>

盲導犬と言うと、よくテレビなどで紹介されるのはラブラドール・レトリーバーです…

盲導犬と言うと、よくテレビなどで紹介されるのはラブラドール・レトリーバーですが、ゴールデン・レトリーバーは未だかつて見たことがありません。
個体差はあれど、犬種としてはやんちゃなラブラドールよりも落ち着いたゴールデンの方が盲導犬に向いているように思えるんですが、何か理由があるんでしょうか?

ゴールデンとラブラドールどちらもいますよ☆そして一番多いのはゴールデンとラブラドールの間に生まれた子たちです。
双方の良い点を取って、尚かつ毛の長さもちょうどよくなるそうです。
ゴールデンほど毛が長くならないので、ラブラドールが多くみれるのかもしれませんね♪

我が家の一頭目の盲導犬はラブラドールでした。
二頭目がゴールデンです。
なので、どちらも活躍しています。

皆さんゴールデンは手入れが大変と言われていますが、毛がフワフワと固まってくれるのでお掃除しやすいんですよ。
毎日ブラッシングしますしね。
ラブラドールの方がカーペットや畳みに毛が刺さってお掃除が大変でした。

また、個体差があるとおもいますが、ゴールデンの方が落ち着いていました。>ゴールデンも盲導犬として使用はできますが、
普通に飼っていてもコートの管理が大変なので短毛のラブが多いかと思います。
換毛期にはセーター作るか、ってくらい抜け毛が出ますので…。

オーストラリアではゴールデン+スタンダードプードルのMIXを作り、
ゴールデンドゥードゥルという犬種を作っています。
ゴールデンの気質を持ち、プードルのように被毛が抜けない
盲導犬として使える犬種の改良が行われていますが、
まだ「毛の抜けない」改良には至っていない様です。
余談ですが、以前見た盲導犬は、外国人のユーザーさんですが
ドーベルマンを連れていました。
日本ではドーベルマン=怖いの印象があって使われていませんね…>数は多くないですが、ゴールデンレトリバーの盲導犬も存在しますし計画的な1世代交雑犬も使役しています。ゴールデンに使役が務まらないわけではありません。

ただ、盲導犬のユーザーさんは目の不自由な方ですから、被毛の管理という点でも「短毛の方が管理しやすい」という理由もあるようですよ。特に雪の降るような地域ですと、ゴールデンのような飾り毛のある犬は雪玉が付いてしまって犬の使役に支障が出てしまいます…。

海外に行けばレトリバーだけでなくボクサーやドーベルマン、シェパード(は日本にもいますが)などの盲導犬がいますけれども、盲導犬の使役のために性質や健全性への配慮をした繁殖を行う場合には、あまり多くの犬種を管理するよりは犬種を絞ったほうが効率的ですから、結果的にラブラドールの方が多い状態であるというだけです。

日本の盲導犬にラブラドールが多いのは、「手入れの問題」と「育成の効率」というのが大きな理由ではないでしょうか。>おとなしくて賢い、人間を誘導するのに十分な体格であれば、犬種は関係ないようです。
世界ではシェパードやコリー、ボクサー、雑種犬の盲導犬もいるとのこと。

日本はイギリスから盲導犬の育成について学んでいて、そのイギリスではシェパードを盲導犬に選んでいたが、見た目が威圧的であったため、愛嬌のある見た目のレトリーバーになったそうです。

http://www.union-net.or.jp/cu-cap/moudouken.htm>

ある犬に関する番組を探しています!

ある犬に関する番組を探しています!今年に放送した番組で最近でもYahooおすすめ動画にピックアップされてた番組です。
内容は救助犬のラブラドールレトリーバーが引退しパピーウォーカーの元へ帰ってくるのですが、その犬はパピーウォーカーのことも覚えてたあました。
そして、好物もなんとかの葉?ひき肉? なんだかよくわからないのですが変わっていなかったという番組です!教えて頂ければ嬉しいです!

あるえ!!!!!!!

みんな欲しがるお金で黄色い子犬を買った

みんな欲しがるお金で黄色い子犬を買った黄色い子犬って、どんな種類だと思いますか?補足改行がうまくできませんでした。
20年前に大ヒットした歌の歌詞です。
25歳以下のひとは、知らないのかな。

千秋ウド鈴木内村光良による三人組バンド、すごく気持ちの上がる素敵な歌でしたね♪黄色い子犬は、ラブラドールレトリーバーゴールデンレトリーバーゆりやんれとりぃばぁ幼獣マメシバのどれかだと思います♪濃厚なのは、ゆりやんれとりぃばぁですかね?

ポケビですね。
年代別人気犬種を調べてみたら、1990年代に人気のあった犬は
ヨークシャーテリア、柴犬、シー?ズーとなっていました。
黄色って、薄い茶に近いと思うので、ヨークシャーテリアか
柴犬か、でしょうかね…>ちあきが 歌っていたとは 知りませんでした。

私は まんまちゃんのぬいぐるみか
着ぐるみかなあと 思いましたo(^-^)o>48歳ですが、全く知りません。

単純に、ゴールデン・レトリーバーを連想しました。>ポケビですか?懐かしいなー!
黄色い子犬、私は茶色勝ちなクリームのまめしばを想像しました。>24歳ですが知らないです笑

レトリバーか柴犬想像しました。>

大型犬(ラブラドールレトリーバー)の奥歯が欠けた

大型犬(ラブラドールレトリーバー)の奥歯が欠けたラブラドールの奥歯の側面が欠けたみたいのな手触りなんですけど病院に連れて行ったほうが良いでしょうか?普通の犬の奥歯はどんな感触なんですか?尖ったようなざらつきはやはり欠けてるのでしょうか?治療法など教えてください。

私もラブラドールを飼っています。
今触ってみました。
つるつるだったので(汚いけど)、ざらざらしているのなら、もしかしたら欠けてるのかもしれません。
うちの犬は、蹄などをあげていたら、犬歯2本見事にかけてしまいました。
みっともないです・・・けれど、もう元通りにはなりません。
歯茎などが心配でしたら、病院で見てもらったほうがいいです。
うちのも見せにいったら、ださいけど健康的には大丈夫と言われました。

画像を見ないと判断出来ません。
心配なら獣医に連れて行けば良い。
歯茎や歯根に影響が無ければそのままです。
牛ひづめ等堅いものを与えると歯が欠けることが多いです。>

ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーはどう違うのですか?

ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーはどう違うのですか?全く違う外見上の特徴や性格などありましたら、教えてください。

一番大きな外見上の違いは毛の長さです。
ゴールデンレトリバーはフサフサの長い毛ですね。
名前の通り、見ようによっては黄金色に見える茶色の毛色ですが、白に近いものから、赤茶色のようなものまで様々です。
(黒いのはフラットコーデットという別犬種です)ラブラドールレトリーバーは毛が短いのが特長です。
毛色も薄茶、チョコレート色、黒と3種類ありますねから、遠目で、黒かチョコレート色なら多くがラブです。
性格は、盲導犬になる血統は特別ものですので、多くのラブは訓練意欲に溢れたやんちゃな犬です。
活動的で実は初心者には手に余る場合が多いのもラブです。
ゴールデンのほうが比較的安定している友好的な個体が多いので、初心者向けの大型犬としてはゴールデンのほうをあげる訓練士が多いです。
もちろん、どちらも子犬のときはヤンチャですし個体差もありますよ。

↑の方と同意見です。
我が家では先代犬と今とゴールデンを飼ってますが、散歩中ラブ(特に黒ラブ)から威嚇されます。
ゴールデンは自分から威嚇する事は無いと言って言いぐらい大人しい方では?
ただ、ヤンチャ坊主はどんな犬種でも幼犬からの躾次第ではないでしょうか。
ラブが盲導犬に選ばれてるのは毛の長さも関係するのでは?
お互いダブルコートなので抜け毛はヒドイです。
抜け毛が嫌ならアイリッシュセターがお勧めかな、運動量はレトリバーより必要ですが・・・>ラブは毛が短いです。
ゴールデンは毛が長いです。
色は、どちらもいろいろな色があります。>どちらも性格は穏やかでラブは盲導犬に使用されてる短毛種で ゴールデンは名の如く長毛の金色で活動的な犬種です。
レトリバー(レトリーブ=回収)の名が示す様にハンターが撃ち落とした水鳥を川や湖に飛び込んで回収する猟犬ですので水を怖がりません。真冬でも河原に連れて行くと平気で水に飛び込みます。どちらも飼い主には従順で家庭犬として飼いやすい犬種ですが 猟の時に主人が熊に襲われた時などは勇敢に熊に挑み掛かり主人を守ります。誤解の無い様に申し添えますが 人間との長い関わりの中で遺伝子に刻まれた人との信頼関係は堅く無意味に人を襲う事は有りません。>ラブは短毛ですが、ゴールデンは長毛です。

体毛の色も違います。

なので、見た目が全然違います。>

犬が温風ヒーターの前から動きません。

犬が温風ヒーターの前から動きません。
冬になると温風ヒーターをつけるのですが、犬(トイプードル5歳♂)が吹き出し口の前(50cmくらい離れたところ)に歩みより、ずっとそこから動きません。
寒いのかな?と思い放置してたのですが少ししてさわってみるととても熱くなっていて、無理やり別の場所に移したのですがまた温風ヒーターの前に行きます。
前で寝そべったりすることなく、たまに座るくらいです。
しっぽは半分より下をむいていて、やけどなどが心配でなぜこのようなことをするのか不思議です。
なぜなのでしょうか?

我が家(札幌在住)には大型犬のラブラドール・レトリーバーと小型犬のミニチュア・ダックス6匹います。
ラブラドール・レトリーバーは完全室内のケージ飼いですが、部屋の中でフリーにしてもストーブの前にはいきません。
しかし、ミニチュア・ダックス軍団は寒い時などFFストーブの温風の出る前(ストーブにぴったりくっついている子もいれば少し離れている子もいますが)を陣取って丸まって寝ています。
私もやけどなどが心配ですが、昼夜問わず24時間ストーブをつけていますが、今までにやけどをした子は一匹もいません。
また、暑くなると犬自らストーブから離れた場所に移動して寝ています(*^-^*)ということで…おそらくあなたの愛犬も寒くてストーブの前にいるのでしようね。
やけどなどが心配ならばストーブガードを購入してあまり近くによらないようにしてみてはいかがでしようか。

寒いからでしょうねぇ。うちのチワワは、ヒーター30cm位前にいたりします。尻尾がヒーター送風口に入ってしまわないかと思う時もあります(笑)確かに体を触ると、あっちっちになってたり。本人は暑くなると夏場のようにフローリングの床に移動して寝そべっています。>