キャバリアの餌の量について教えて下さい。 6ヶ月のキャバリアのメス…

キャバリアのペット保険について

キャバリアのペット保険についてキャバリアは大きい病気が大きいと聞きますので保険に入ろうかと思います。
保険についてアドバイスお願いします。
今検討しているのは手術特化と通院特化の二つを契約で検討しています。
●アイペット損害保険の・うちの子ライト手術に特化していて保証割合90%手術1回50万が魅力●ペットプラスの・ゴールドプラン通院に特化全部カバーしている保険を選ぶと手術10万までとかなんか心もとないので二つの保険を組み合わせた方がいいのかと思うようになっています保険に詳しい方、上記の保険の組み方は理にかなっているのか何か他に良い保険や組み方などがあればアドバイス頂ければと思います

キャバリアを飼っていた者より。
うちの子の場合は、ですが、心臓に病気が出ました。
手術まではしませんでしたが、薬代が大変でしたね。
主さんの考え通り、2社に入るのが良いかと。
キャバリアは心臓病になる子が多い、とも聞きますので。
万が一、手術、になった時の事も考え、アイペットさんとペットプラスさん、両社契約するのが良いかと。
保険には詳しくないのですが、主さんが調べた上で「この二社どう?」とおっしゃってると思うので、良い選択では、と思います。
私も調べて、また、返信します。
因みに、心臓だった場合。
手術10万じゃ収まりませんよ。

ちょっと調べたのですが「一社で収めたい」でしたら、日本ペットプラスさんのプラチナプランはいかがでしょうか?これだったら「通院・手術」をカバーしております。保障率も高いですね。>

1歳のキャバリアの女の子です。

1歳のキャバリアの女の子です。
私はキャバリアを飼うのは初めてなのですが物凄く元気で活発です。
朝、私や主人が2階の寝室から降りて来ると押し倒して来る勢いで激しく顔をペロペロしながら鼻を甘噛みして、耳の中、頭までペロペロ、うれしょんしながらしばらく興奮してます。
仕事から帰って来ても同様です。
それ以外でも自分からは激しく寄って来るくせに抱っこは大嫌いで逃げちゃって全然捕まりません。
何しろボール遊びも大好きでボール遊びを一日中せがまれて、食べてる以外は側にボールを持って来て投げるのをじっと待ってます。
始まると大興奮です。
別にそれが嫌な訳ではないのですが、私はマルチーズの女の子しか飼った事がなく、顔を舐められた事もなければボール遊びをした事もありません。
大人しく抱っこされてた記憶はありますが、遊んだ記憶がないです。
キャバリアは皆こんなに元気いっぱいなのでしょうか?!とっても可愛いのですが仕事の後は体力的について行けない事が多々あります…(笑)

私も一歳になるキャバリアの男の子がいます。
全く同じ感じで常にハイテンションでよってきて顔やら手やら舐め回します。
とにかく性格がよくて本当に可愛いです。
でもハイテンションすぎてついていけません(笑)

ご回答ありがとうございます。
おんなじですね(笑)
今朝も激しく首に手を回して来てしっかり抑え込まれてペロペロ攻撃で首が傷だらけです(笑)この時の我が子は目が興奮MAXでイッチャッテマス…
とっても可愛いですよねー、キャバリアって。
もう少し躾をちゃんとしなきゃ駄目かななんて反省もしてます(汗)>その子の性格にもよると思います。
あとはマルチーズよりはキャバリアの方が大きいので大量はキャバリアの方があるでしょうね。

きついのであれば、トレーニングすれば落ち着かせることは可能だと思います。

頑張ってください>その子の性格にもよると思います。
あとはマルチーズよりはキャバリアの方が大きいので大量はキャバリアの方があるでしょうね。

きついのであれば、トレーニングすれば落ち着かせることは可能だと思います。

頑張ってください>その子の性格にもよると思います。あとはマルチーズよりはキャバリアの方が大きいので大量はキャバリアの方があるでしょうね。きついのであれば、トレーニングすれば落ち着かせることは可能だと思います。頑張ってください>犬種としてはどちらかと言えばおとなしい。昔から愛玩犬だからね。ただ飼い主や家族には構ってちゃんだったりもする。あとは単純に個体として元気なのさ笑年齢的にも元気一杯の歳だからあと1~2年もすれば落ち着くよ笑>

キャバリアの費用。

キャバリアの費用。
キャバリアを飼ったことのある方、詳しい方お願いします。
真剣にキャバリアを飼おうと考えています。
犬は初めてです。
迎えるにあたって、どれくらい費用が掛かるのか知りたいです。
・月のエサ代(個体差があるとは思いますがよく食べるらしいので…)・心疾患になった際の医療費それと、室内でよく動き回ると見たのでコルクマットを購入しようかと思ってますが、コルクマットのみで大丈夫でしょうか?心疾患になりやすいそうですが、そうならないために普段気をつけておくことはありますか?

キャバリア10歳メスを飼っています♪まずは、病院代から心臓のお薬5000円1日2回朝夕一錠ずつ服用皮膚の痒み(アレルギー?)を抑える薬4000円夕食後一錠服用(うち保険にて5000円は戻ってきます)おしっこシート1000円位ご飯代2500円位ペット保険2000円位トリミング0円(夏は、私がバリカンでカットして月1~2回位洗ってます)こんなものでしょうか?病院代はたぶん安い方だと思います。
初診料、再診療等はかからない病院です。
恐らく、どんな犬でも病院代はかかると思います。
うちのキャバリアは、心臓病を7歳位から発症しています(平均的にもそれくらいの年齢から発症するようです。
遺伝なんで、なかなか防ぐ事は厳しいようですが、心臓に負担のかかる肥満には注意してくださいと、病院のドクターから助言ありです)キャバリア、性格とってもいい子です。
優しいです。
一度も噛まれたことはありません。
吠えることもめったにありません。
人間大好き犬です。
ちょっぴり留守番が苦手ですかね。
ペキニーズも飼ってますが、こちらは狂犬です笑真逆の性格です。
と、コルクの敷物ですが、リビングのみ(主に生活をするところ)敷いてます。
今のところ、足腰は大丈夫です。
ベッドなどの段差のあるところは、小さい階段を置いてます(こちらは殆ど、ペキニーズが使用しています)医療費に結構、お金がかかります。
ペット保険に入っててよかったです。

キャバリアとトイプードルとマルチーズならどの犬種が飼いやすいですか?

キャバリアとトイプードルとマルチーズならどの犬種が飼いやすいですか?

全部の犬を買ったことがないので、犬仲間の噂です。
キャバリアが一番性格が良いという人がいます。
しかし、それは理由があるんです。
どんな犬種もそうですけど、人気が出ると乱繁殖がされるので、悪い犬でも繁殖に使ってしまうし、子犬を早く親犬から売るために離すので、性格がやりにくい犬になってしまうんです。
犬はある程度の時期までは母犬や兄弟犬など群れで社交性を身につけないといけないんです。
キャバリアは、長い歴史を見ても、日本で大流行したことがないので、乱繁殖はされた過去がないんです。
もともと、頭の作りはまあまあ良くて、性質も温厚です。
利口なのはトイプードルです。
しかし、トイプードルは人気犬種ですから、乱繁殖で性質の悪い犬が市場で多いです。
それから、トイプーは利口なので、飼い主の躾が大変重要です。
躾をきっちりしないと、犬は飼い主をバカにして自分の格下にして問題行動をおこします。
ですので、バカ犬と忠犬の差が顕著にみられます。
ある人の飼っているトイプーは非常に利口であるか、ある人のトイプーはどうしようもないバカ犬ってことです。
スタイルもピンキリです。
マルチーズは、知能は犬としてはふつうですね。
昭和の高度成長期にマルチーズが凄く流行したことがあるので、その時に乱繁殖されて、その当時はバカ犬が多かったです。
バカな繁殖で、バカな人間が買って育てて超バカ犬になっているケースが多かった。
今は、マルチーズは流行していないので、割と良い犬ばかりが繁殖に使われて、良い犬が出回っているようですね。

飼いやすさで手入れも大切なポイントですね。
手入れが一番難しいのは、やはりトイプードルですね。 散髪が素人には格好つけ辛いです。 小型犬ですけど、トイプーは想像以上に運動量を多く必要とする犬種で、外でちょっと散歩程度では間に合いません。しっかり幼少期から運動をさせて十分な栄養を取って骨格を作っておかないと、カットをしてもなかなかスタイルの決まらない貧弱な犬になってしまいます。

その点、マルチーズは巻き毛じゃないし、カットも素人でもなんとかなるし(プロのようにはいかなくても)体格もきっちりサイズ内に収まっていたらそれなりに見えます。

キャバリアも、手入れは上記の犬ほどきっちりする必要はないと思いますが、抜け毛がどうだったか?? マルチやトイプは抜け毛の問題はないです。

>どの子も飼いやすい犬種かと感じます。
マルチーズが一番 運動量がいらないかな?キャバリアは大人しいのですが、毛がわさわさ抜けるんですよ(掃除が大変かと思います)
プードルは 利口で面白く毛もマルチーズ以上に抜けませんが、オスですと結構な散歩量が必要かと感じます(経験上・・)
マルチーズは過去に4匹飼ったことも有りますが、その後プードルとコッカプーが居ましたが(こちらの方が断然 面白いですよ・・いたずらは ウルトラ級でしたがね)
コッカプーは 無駄吠えを全くしませんでした。(私個人は アメリカンコッカーとプードルのミックス犬が一番 可愛いく面白いので、おススメですが、サイズが柴犬位になるんですね、このぐらいのサイズを一度飼いますと、小さいのは物足りなくなります)>飼い主さんがアウトドア派でドッグスポーツなどしたいのであれば、トイプーのガタイの良い子がいいかと。
小さい個体は骨とかに来ますので。

トイプー飼っています。本当に賢いです。観察力も長けています。
若い時は運動量が多いですが、それも3歳くらいまで。
4歳以降は家で寝ていることが多くなります。

マルチーズもかわいいですし、キャバリアもいいですね。>キャバリアは温厚な犬種で落ち着きがあります。この3犬種の中では一番大きく、7kg前後にはなると思います。私の知り合いのキャバリアを飼っておられる方は2匹目もキャバリア以外は考えられないと言ってますね。
一番の問題は抜け毛が大変だそうです。
トイプーは頭がいいですが、あのワサワサした落ち着きのないのが個人的に苦手です。
いつもサークルに入ってる時はジャンプしているイメージがあります。
あと、近年の人気から質の良くない(毛質や関節など)が心配です。プードルにされるなら、きちんとパテラなど関節を確認してからお迎えされるのがいいかと思います。
マルチーズですが、このなかで一番小柄で毛も抜けにくい、落ち着きもあるっていうのではおススメです。
トイプーとマルチーズはトリミングに出さないといけないですが、抜け毛の問題は心配ないです。
どの犬種にせよ、いざ飼うとうちの子が一番になるのではないでしょうか(^-^)
良い縁に恵まれるといいですね…>個体差があるので一概には言えません。

キャバリアは穏やかで友好的と比較的性格の良い犬種として
知られています。
ダブルコートで毛が抜けるので2日に1回は
ブラッシングが必要です。
また、僧帽弁閉鎖不全症という遺伝子疾患があるのと
水頭症になりやすいと言われています。

トイプードルは賢く、明るい性格で好奇心が強い犬種と
言われています。
運動能力が高いのでドッグスポーツなどを楽しみたい方に
おすすめですが、運動欲求が満たされないと
いたずらをしたり噛み癖が出ることもあります。
シングルコートなので抜け毛はほとんどありませんが
巻き毛なので毎日のブラッシングが必要です。
また、小さい子ほどパテラや骨折のリスクが高くなりますので
ある程度の大きさがある方が望ましいです。

マルチーズは、明るく温厚で従順な犬種と言われています。
シングルコートなので毛はほとんど抜けませんが
長い毛は絡みやすいので毎日のブラッシングが必要です。
また、目・耳の病気になりやすいので少しでも異変を感じたら
早めに病院に行って下さい。
あと、これはマルチーズだけではありませんが
低血糖症になりやすいので健康的な食事を心がけてあげて下さい。

良いワンちゃんにめぐり逢えますように(^^)>どれも飼いやすい犬種です。

毎日のブラッシングとトリミングサロンに行く手間を惜しまないなら、抜毛の少ないトイプードルが飼いやすでしょう。

キャバリアは心臓病になるリスクが高めになります。

マルチーズは伝統的なカットだとリボンを結んだりしなければならないのと、涙焼けが目立つので少し飼いにくいですかね。

飼いやすさならパピヨンが一番だと思いますよ。うちでも飼ってますが、

シングルコートなので抜毛が少ない、臭いが少ない、トイプードルのカーリーヘアに比べると毛玉になりにくい、立ち耳なので耳の病気になりにくい、マズル(口周り)の毛が短いので食事で汚れない、遺伝疾患が少ない、小型犬にしては骨格が丈夫、といった長所があります。>

キャバリア犬の維持費について質問です。
亡くなった母の犬を親戚に引き取ってもら…

キャバリア犬の維持費について質問です。
亡くなった母の犬を親戚に引き取ってもらいますが、キャバリアはお金のかかる犬なので維持費として200万円くれと言われています。
現在7歳メス、1カ月1.5-2万円であと10年ぐらい生きたと仮定した場合だと言われました。
これは妥当でしょうか?または、妥当な金額はいくら渡せば良いでしょうか?実費でその都度経費を渡すのではなく、一括で払って欲しいとも言われています。
補足維持費とは餌代、ヘアカット、病気になった時の治療費だそうです。

一括で払わなければいけない理由はなんでしょうね?フード代やトリミング代みたいな毎月一定金額かかるものなら、3ヶ月分とか半年分とかまとめて払うのも有りだとは思いますが、病気になったときの治療費なんて、なったときにしかわからないと思います。
フードもピンキリ、トリミングもお店じゃなくて自宅でするかもしれないし、実際に渡した200万円が犬の為に100%使われる保障はありません。
領収書を取っておいてもらって実際にかかった金額を確実に払うという確約が取れなければ、ちょっと危険な気がします。
ちなみに、キャバリアは高確率で心臓疾患を起こす犬種です。
一度心臓疾患を起こしたら一生薬を飲まなければいけないので病院代は高額になるとは思いますが、それ故に17歳までは生きる事の難しい犬種でもあります。
「維持費」という言葉のチョイスからも、あまり犬に対して大事にしてくれなさそうな印象を受けましたので・・・

確かにキャバリアは心疾患のリスクがあり、お金がかかる犬種ですね(後10年も生きないですよ。前述の通り心疾患になる可能性が高く、短命になりがちな犬種です)。でも、前払いで200万なんて絶対にやめるべきです。ご身内を悪く言って申し訳ないですが、そのような事をふっかけてくる人は「金だけもらって犬をポイ」するかもしれませんよ。あなた達には「病気で亡くなった」などと嘘をつき、保健所で殺処分する事だって可能なんです。そしたら200万円丸儲けです。

その親戚に譲渡するなら、お金は後払い+少額のお礼金にする。勿論、動物病院の明細書や領収書、餌代や美容院代などのレシート等はきちんと頂き、領収書がないものは払わないと明言する。
親戚が200万よこせと譲らないなら、他の里親さんを探しましょう。キャバリアに理解のある里親さん、探せばきっと見つかると思いますよ。>金を貰わないと引き取ってくれない親戚に渡すくらいなら、里親募集サイトに行けば一生大事にしてくれる人がきっと見つかると思いますよ。
うがった見方をすれば、前払いで200万も渡したら、ソッコー事故に見せかけて殺しちゃえばボロ儲け。

もしどうしても払えというのなら、せめて年払いにするべきです。
実費1万/月で12万、不測の事態には実費です。
申し訳ないですがあと10年生きる可能性は限りなく低いと思いますよ。>

犬のしつけについて質問です

犬のしつけについて質問です10歳になるキャバリアの男の子です祖母が飼えなくなったので私が引き取ることになりました。
祖母に飼われてる間無駄吠えする、トイレを決まったところでしない、など全くと言っていいほどしつけができていません。
1番困っていることは、私が飼うにあたり、ケージを購入し留守の時、夜寝る時はケージで生活させようとしましたがケージに入れると鳴き止まずネットに構ってはいけないと書いていたのでほっとくのですが、ほっとくと1時間でも2時間でも出してもらえるまで鳴き続けます。
近所迷惑になってしまうと思い出してしまいます。
どうしたら、ケージになれて鳴かないようになるんでしょうか?あと、他にも困っていることがあり、インターホンの際に鳴く。
宅急便などで人が玄関に入ると鳴く。
トイレのしつけができていない。
ダメ!と言ってもやめず本気て噛んでくることもあります。
これらを改善する方法があればアドバイスお願いします。
補足補足です!お散歩の際に引っ張る。
おやつを待て!といってもくれるまで吠える。
おいでと、名前を呼んでも来ない。
私の友達などが家に来ると飛びつく。

トイレのしつけはダメと怒るのも大事ですが、ちゃんとできたときに餌をあげて褒めるのも大事です。
恐らくキャバリア君はなんで怒られてるのかが分からないんだと思います。
ケージの中に入れると吠えてしまうというのは、慣れさせる期間も必要です。
ご飯をあげる時は必ずケージの中でやってください。
そしてケージに入る前に“ハウス”などケージをしめす言葉を言って、ケージの中に入れば、餌をあげてください。
この時にケージのドアは食べてる間も開けっ放しにしてください。
これをやることによってケージは安全な場所というのを教えてあげてください。
10日もすれば安心して自分から入るようになります。
そしてケージに安心して入れるようになれば一回しめて五分-10分-15分徐々に時間を増やしながらドアをしめて見てください。
吠えずに出来ましたら開けてあげて餌で褒めてください。
吠えましたら出してはいけません。
吠え終わるまで待ってください。
犬は子供と一緒です、ゆっくり時間をかけて教える事が大事です、いきなりケージに閉じ込められたら警戒して怖いですよね、犬はそう感じてます。
そしてワンポイントアドバイス、犬は修正的に洞窟で暮らしてた動物です。
ケージはブランケットで見えないようにしてあげてください。
周りが見えると吠える原因にもなります。
ケージの中は6時間以上入れるのはおススメしません。
キャバリア君はお話できない分吠えたり、ちょっとした仕草で何かを伝えようとしてます。
10歳でもまだ覚えられますので、頑張ってください。

分かりやすく、丁寧なアドバイスありがとうございます !
いただいたアドバイスを参考に、
焦らず、気長に頑張ろうと思います
そうですよね、話せない分吠えて何かを訴えているんですね。
ちょっとした仕草なども
観察するようにしたいと思います!>10年間、トイレを決まった場所でせず、サークルにいい印象付けをされておらず、無駄吠えをし、引っ張り、マテの練習をせず、オイデの練習をせず、人に飛びついて育ってきたわけです。
これを貴方の理想通りに改善にするには尋常でない努力と知識が必要になります。
10歳でも新しいことを覚えるのは全く問題ありません。
しかし、今までの習慣を変えるのは非常に大変なことです。

私が貴方に依頼されてトレーニングをするとしたら、とても全てを理想通りにできる自信はありません。
貴方の理想と現実の間でなんとか妥協点を見出して改善していくのが精一杯かと思います。

年齢を考えて、ネットや本でどうにかなる話ではありません。また、わんちゃんの負担も十分に考慮して進めていかなくてはいけません。
プロにご相談を。>ワガママに育ったじいちゃん(ばあちゃん)の相手してると思ってファイト!!良い経験なるかもねwww>小型犬だからといって甘やかしたツケですね

10歳にまでなっていると矯正は難しいかもしれません

トレーナーに預けるのが一番無難かもしれませんね

質問者さんの感じだと犬を飼うのに慣れていない感じですし

小型犬の飼い主さんに多いのですが、犬を可愛がる事と甘やかす事は違います
勘違いしないでください>

10ヶ月になるキャバリアの男の子を飼っています。

10ヶ月になるキャバリアの男の子を飼っています。
子犬の頃、ペットショップでは、プロフェッショナルバランスを食べさせていたので、暫く続けていたのですが、最初はガッついて、もりもり食べていましたが、ここ最近あまり興味を示さなく、仕方なく食べる感じです。
ですがキャバリア用向けのドッグフードは、色々あって何がいいのか?困っています。
ペットショップに相談したらシュプレモを勧められました。
ネットでいろいろ調べてみたら、モグワン、カナガン、オリジンが評価がいいみたいですが、オリジンは高カロリーらしいし。
キャバリアを飼っている方で、おすすめのドッグフードとか、何かご存じの方がいらっしゃったらと思って相談をしてみました。

そろそろ成犬用フードに切り替えてもいい頃ですね。
個々の犬で消化能力、消費カロリー、アレルギー反応、嗜好が違うので、フードとの相性も個々の犬で異なります。
犬種はほとんど関係ないです。
なので、実際に与えてみるしか相性はわかりません。
とりあえず試してみるなら、オリジン、アカナをおすすめしますね。
世界的に評価の高いフードですので。
また、340g入りの小さなパッケージで試せるので、合わなかった場合でも損害が小さくて済みます。
モグワン、カナガンは悪いフードではないと思いますが内容の割に価格が高すぎると思います。
モグワン、カナガンに高い評価を与えているのは、たいていアフィリエイトサイトです。
オリジン、アカナが合わなければ、「The whole dog journal」の推奨リストに載っているフードから選ぶのが無難でしょう。
日本で入手できるのは、ロータス、Goとナウフレッシュには小さなパッケージが用意されてます。
The whole dog journalのリストに載っていないものでは、N&D、ペットカインド、ネイチャーズテイストがよさそうです。
現在うちではN&Dをあげています。
その前はペットカインドでした。
ネイチャーズテイストはグレインフリーではありませんが、求め安い価格になってます。

表示を見た限り、オリジンはカロリーが高そうなので、最近肥満気味?なキャバリアなので、何がいいか?迷っています。
ちなみに8キロあります( ゚Д゚)p>

キャバリアのような性格で、抜け毛の少ない犬種はありますか?

キャバリアのような性格で、抜け毛の少ない犬種はありますか?犬を飼いたいと思っています。
実家でキャバリアを飼っていたこともあり、同じ犬種を飼いたいのですが、抜け毛がすごいため、悩んでいます。
(アレルギー体質のため。
)実家では共存できていましたが、長い目で見ると不安になります。
しかし、抜け毛を除くとキャバリアのすべてに魅了されています。
キャバリアのように、人懐っこく、人間が大好き、無駄吠えのない、性格の良い犬で、抜け毛が少ない犬種はありますか?できれば、キャバリアの性格をご存知の方からの回答をお願い致しますm(__)m

動物病院でトリマーをしていますが、確かにキャバリアは人懐っこい子が多いです。
中にはよく吠える子もいますが、全体的に性格は良いと思います。
このような性格で、抜け毛が少ない犬種となると、トイ・プードルの特にホワイトの子だと思います。
個人的には色の濃いプードルより、ホワイト等の薄い色の方が人懐っこい子が多いです。
ブラックはやや神経質な傾向があります。
マルチーズやヨーキーは無駄吠えは少ないです。
人懐っこい子もいれば、わがままな子もいますが、人や他の犬に向かって吠えたり噛みついたりする子は少ないです。
(私の病院ではほとんどいません)同じく毛が抜けない犬種でシーズーがいますが、この犬種はわりと吠えます。
性格が良い子もいますが、噛みつく子も多く感じます。
また他の犬種に比べて、皮膚病や目の疾患にかかりやすいので、あまりおすすめではないです。
また小型犬の中でも極端に小さい犬より、スタンダードなサイズかちょっと大きめの犬の方が、性格がいい場合が多いです。
犬それぞれ性格が違うので、一概にこうとは言えません。
あくまで参考程度です。

先住犬 キャバリア16年で 亡くしましが
優しい こでした。
うちでは ミニピン ヨーキーとの多頭飼いです。
毎日のブラッシングは欠かせませんがヨーキーが
おすすめです。>キャバリア友達の家にいて良く預かります。

難しいですね~。
考えても出てこないです。
うちの友達の家は、二頭いるので家の中ではホームウェア着せてます。
夏もサマーカットしてるからか抜け毛気になったことないです。

毛量の少ない子達だからかなとも思いますが。

どんな犬種も飼い主の性格次第なのかな?とも思います。

近所のアメリカ人が飼育してるブルテリア、すごく陽気でなつっこく可愛いですし(*^^*)

回答になりませんが、キャバリアを抜け毛対策して飼育?くらいしか思い付きませんでした。

キャバリアの愛想の良さは独特ですから(^_^)>

キャバリアは飼いやすい犬種ランキング2位だそうですが、何故ペットショップでほと…

キャバリアは飼いやすい犬種ランキング2位だそうですが、何故ペットショップでほとんど見かけないのでしょうか?

「飼いやすい」はあくまでも性格面に限ってのことで、全体評価なら違ってくるのではないかな?キャバリアは、英国王室で極度の近親交配で作られたのが元の犬種なので、遺伝的にほとんどのコが何らかの心臓疾患を発症し、まだ若いうちから治療が必要なコもザラなんです。
それ以外にも悲惨な脳の奇形が出やすい遺伝を持っていたりと、健康面では決して飼いやすい犬種とは言えません。
もちろん個体差も大きいですが、病気のデパートとまで表現する方もいらっしゃいます。
健康管理が大変、つまりは繁殖も楽ではないということ。
儲け優先で繁殖する立場から見たら、もっと楽に作れる他の犬種の子犬で稼ぐ方がおトクですよね。
ショップ側も丈夫な犬種の子犬をたくさん置いた方が楽で儲かりますし。
平均での生涯医療費なら、フレブルなどと並んで、ワースト組に入ると思いますよ。
健康管理や経済面では飼いにくい方の犬種です。

lime_jumpさんの回答がベストアンサーで確定。

ustmanpoさん:
コピペ文章なのはわかりますが、キャバリアの色は「ブレインハム」(脳みそハム?w)ではなく「ブレンハイム」です。>下の回答者 パーフェクト えっえっ
付け加えるなら ショップの買取で心雑音で引っかかりブリーダーに返される ペットオークションでも心雑音で引っかかる個体が多い 世に出て販売される個体の闇に殺された個体も多いよ>ペットショップにいる犬猫達は需要の多い種類の子達を入れる仕組みのため、犬種だとトイプー、チワワ、ヨーキー、マルチーズ、ダックスが今は店頭では主流になっています。最近はダックスも減っていますね…

キャバリアが少ない理由としては、先天性的に心臓が弱い犬種が多くチワワやトイプー等の超小型犬に比べるとサイズも大きいため、ペットに健康な体と小さいサイズが求められている現在では、あまり需要が多いとは言えない犬種です。
明るく社交的で頭もよくトリミングもいらず、賢い。しかし3.4歳までに心臓病で亡くなる子も少なくない犬種のため、お客様自体が諦める事も多いです。

チワワも心臓肥大など心臓に疾患が多い犬種なのですが、万が一病気をしてもサイズの小ささから介護がし安く、保険料も犬種の中では一番安くまたキャバリア程心臓を心配されてはいないため現在人気ランキング2位に君臨していますね。>飼育しやすい犬種が、必ずしも人気犬種ではありません。

日本では、18位 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

28位 アメリカン・コッカー・スパニエル

という結果です。>んんん????

おかしな回答がありますね。

urarasampoさん、いい加減な回答をしなさんな。

キャバリアの本名はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルという長い名前です。

古くから犬好きで知られるイギリス王室では色々なスパニエルが飼育されていましたが小型のスパニエルと東洋の狆やパグなどマズルの短い愛玩犬を交配し、マズルの短いスパニエルが作られるようになりました。

この犬種名をキング・チャールズ・スパニエルとされました。

キャバリアは、チャールズ2世が可愛がっていたキング・チャールズ・スパニエルの変種だと言われています。

当初はコッカースパニエルと非常によく似た外見で、現在のキャバリアよりもひとまわり以上小さくマズルの短い風貌でした。

マズルの短いキング・チャールズ・スパニエルは英国やヨーロッパの王族、貴族、資産家などに愛されましたが、いびきがうるさく病弱な事が欠点とされていため、愛好家が19世紀前半ごろ、昔の姿を目指し繁殖を始めました。

そして試行錯誤を経て尖ったマズルを持つキング・チャールズ・スパニエルが生まれました。

その後、この尖ったマズルを持つキング・チャールズ・スパニエルに、中世の騎士を意味するキャバリアの名を冠して命名されたのがキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルです。

犬種として登録されたのは、原産国イギリスで1945年、アメリカでは1996年と大変遅くなりましたが、1960年頃には英国王室にもキャバリアが迎えられ、人気が広がりました。

今では長い本名ではなく単にキャバリアと呼ばれる方が多いようです。

特徴

体高はオス、メス共に約31~33㎝、体重もオス、メス共に約5~8Kgが標準的なやや大きめの小型犬です。

体高より体長が長めなのも特徴です。

垂れ耳で目が丸く大きく、額は平らでマズルは長め、被毛はとても綺麗な犬種です。

また、豊富な飾り毛もキャバリアの特徴と言え、絹のように滑らかな肌触りで、さわり心地がとてもいいです。

その反面、抜け毛が多い犬種でもあるので、アレルギーを持っている方はこまめに掃除をして取り除くなど、注意が必要です。

被毛はウェーブがかかっている犬と、ストレートの犬の2種類あり、毛色は4種類に分かれています。

それぞれ、非常に魅力のある毛色をしていて、トイカラーのキャバリアはホワイトが基調で、ホワイトにブラックタンが、配色されています。

赤褐色の毛色のキャバリアの場合レッドとは呼ばずに、ルビーと呼ばれていて、上品さを出すためにそう呼ばれているのではないかと考えられています。

他にはホワイトにマロンの斑点が入っているブレインハムと言うカラーがあり、これは、キング・チャールズ・スパニエルを愛玩していたマルボロ侯爵のお城の名前から来ています。

艶のあるブラックに黄褐色で目の上や頬などにタンが入っているキャバリアのカラーはブラックタンと呼ばれています。

性格

キャバリアは活発でありながら大変穏やかで非常に性格の良いことで知られている犬種です。

落ち着きがありますが、遊ぶことも大好きで他の犬や人間とも仲良くできる犬種ですからお子様がいらっしゃるご家庭や、多頭飼いには大変オススメできる犬種です。

争い事を好まず、攻撃性はほとんどないので安心して子供と遊ばせてあげることも出来ます。

また、むだ吠えや噛みグセなどはほとんどありませんからマンションや住宅密集地でも、安心して飼うことができます。

番犬としては不向きな犬種ですが、家族の一員としては、とても向いていて、飼い主に対しても非常に従順な犬種です。

その分非常に寂しがり屋ですから出来るだけかまってあげて欲しいですし、お留守番はあまりさせないようにしてあげて欲しいです。

注意したい病気

垂れ耳の犬種は皆そうですが、外耳炎にかかりやすいです。

他の垂れ耳の犬種に比べさらに耳が長い為、特にかかりやすいと思います。

痒そうにしていたり、耳の穴付近が赤くなっていたり、異臭がした場合には早めに病院を受診して下さい。

また、キャバリアのような小型犬のかかりやすい病気で代表的なのが膝蓋骨脱臼(膝の皿が脱臼してしまい歩行が困難になる)です。

膝の皿を触る揺れたり痛がったりする場合やスキップを踏んでいるようなまたは、つま先立ちのような歩き方をしていたら膝蓋骨脱臼を疑いすぐに病院を受診して下さい。

生後1年以内であれば、完治すると言われている病気ですので、早期発見が大切です。

また、シルクのような繊細で長い被毛の為皮膚疾患にもかかりやすいです。

飼い方

キャバリアは小型犬なので、室内で飼うのが良いでしょう。

ただ、膝蓋骨脱臼の危険がありますので、室内で飼っていく際にはフローリングにカーペットやマットを敷いてあげるのがオススメです。

キャバリアは素直で物覚えの良い犬種ですからしつけやすい犬種です。

特に人と触れ合う事を好みますから、スキンシップをしてオーバーなくらいに褒めてあげてしつければすぐに色々を覚えてくれます。

そうしたしつけ方法はキャバリアの本来の性格の良さや、穏やかさを伸ばす結果にもなります。

運動
面ではお家の中だけでもキャバリアは運動量的には満足できますが、家の中に居るだけではストレスがたまりますので、日光浴と散歩によるストレス解消は健康面でも大切です。

キャバリア自体あまり運動は得意な犬種ではありませんが飼い主となら運動も楽しく思うでしょうし、社交性や社会性を身につける為にも子犬の頃から散歩に連れていく習慣をつけましょう。

散歩の時間は20~30分程度で十分です。

キャバリアは、非常に食いしん坊な性格ですから落ちている物も食べてしまう可能性がありますので、拾い食いの癖をつけないように気をつけて下さい。

家でも食べ物をほしがる傾向がありますが甘やかしてはいけません。

肥満の原因になり数々の病気を発病する危険があります。

ブラッシングは毎日して下さい。

抜け毛が多い犬種ですからブラッシングを怠るとすぐに毛玉ができます。

特に耳、お腹、股部分に毛玉が出来やすいです。

毛玉にダニなどが集まる可能性があり皮膚疾患をおこし兼ねませんので、スキンシップも兼ね毎日ブラッシングをして下さい。>

キャバリアの餌の量について教えて下さい。

キャバリアの餌の量について教えて下さい。
6ヶ月のキャバリアのメスを飼っています。
1ヶ月半で飼い始め、1キロだった キャバリアが、今では6キロあります。
散歩は朝夕15分?20分です。
サイエントダイエットを2回 70gづつあげて、1日 140gです。
オヤツは ほとんどあげていません。
餌の量は適量でしょうか?初めてのペットで分からない事ばかりです。
よろしくお願いします(*^^*)

Google先生に聞いたので端折ってコピペします。
フードの適量の前に、犬が理想的な適正体型かどうか知る必要はあります。
適正体型とは、犬の体を触って過剰な脂肪がついていなくて、あばら骨が触れる、上から見てくびれがある、横から見て腹部の吊りあがりがあるのが理想的な体型と言われています。
適正な体型に近いなら、サイエンスダイエットのフードの袋に記載されている1日の給与量を参考に、愛犬の体重が6kgなら、1日の給与量は105gと記載されているので、犬の体型や食べ方を見て調整する必要はあります。
ただ、適正な体型よりやや脂肪がついているなら、与えているフードの量を調整しないと肥満傾向になりやすく、犬は肥満になると減量に時間がかかる場合があります。
また、肥満傾向では、今後様々な疾患にかかりやすくなるので、フードの量を多少減らす必要はあります。
まず、犬の体重が6kgなら、フードの1日の給与量は105gなので、目安にして、体型や食欲旺盛か、食が細いかなど食べ方も考慮しながら調整してあげて下さい。
また、肥満気味であるなら、フードを3回に分けると消化や吸収に良いので便の回数も増えるだけでなく、消化器官にも優しいと言われています。
犬の体型や食べ方などを見て、目安を元に調整してあげる必要はあります。