ミニチュアダックスフンドとラブラドールレトリーバーのミックスって…

「ポチたま」というテレビ番組で人気者だった、ラブラドール・レトリーバーのまさ…

「ポチたま」というテレビ番組で人気者だった、ラブラドール・レトリーバーのまさお君の死因となった悪性リンパ腫は、どういったことが原因で起こる病気なのでしょうか?

悪性リンパ腫はリンパ組織の癌です。
人間でもそうであるように、癌の原因はあまり明確にはわかっていないのですが、犬の場合は犬種ごとに罹患率が大きく異なることからも遺伝的な要因が強いとも指摘されています。
実は私の愛犬も癌の好発犬種であるので、つい日ごろから神経質になってしまい、原因がわかるものならどうにか愛犬がリンパ腫を患わないように対処したいとは思っているほどです。
愛犬の兄弟がわかっているだけで2頭、リンパ腫で亡くなっていますから…。
もちろん、過度のストレスにより免疫力が低下することで癌を発病することもあるでしょうが、これがそのままリンパ腫の原因というのはあまりにも弱いと思います。
まさお君はテレビに出演することで、様々な環境から刺激をうけていたでしょうし、その中にストレスに感じるものもあったでしょうが、それが一般で飼育されている家庭犬と比べて特別大きいものだとは言えないかと思いますよ。
実際、悪性リンパ腫は犬の癌としては珍しいものではなくなっていますし、最近急激に増えたというより、それ以前はそういった診断に至る前に亡くなるケースも多かったのではと思います。
ですので、まさお君の生活やテレビ出演が原因でリンパ腫を患ったというのは強引すぎますし、強いていえば遺伝的にそういう要素を持っていたというほうが、可能性は高いのではないでしょうか?

避妊・去勢手術をすると血管肉腫や癌のリスクが5倍になるって本当なのでしょうか?

避妊・去勢手術をすると血管肉腫や癌のリスクが5倍になるって本当なのでしょうか?我が家のラブラドール・レトリーバーは10歳になるオスです。
去勢手術は2~3歳の頃にしました。
我が家で迎え入れてから今まで一度も病気もしたこともなく、また股関節等も異常などが見られることもなく、本当に健康優良児でした。
しかし、今年の10月に急に体調を崩し、病院へ連れていき、いろいろな検査・手術した結果、脾臓の血管肉腫と言われました。
それからというものの、いろいろな脾臓の血管肉腫についてのサイトを検索して調べていたところ、下記のサイトに目が留まりました。
→http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201102040000/私は愛犬飼育管理士の講習の時にも、動物取扱責任者の講習会の時にも避妊・去勢のメリット・デメリットを聞きましたが、そのデメリットの中に「血管肉腫や癌のリスクが高くなる」と一切聞いたことはありません。
我が家のラブラドール・レトリーバーが偶然にも血管肉腫になったのかもしれませんが、避妊・去勢も関係しているのでしょうか?また、血管肉腫や癌になるリスクが高いというのは本当なのでしょうか?そして、もしそれが本当ならばなぜデメリットの中に記載せず、避妊・去勢を推奨するのでしょうか?皆様のご意見を置きか下さい。
補足皆様のご意見ありがとうございます。
BAは投票にて決めさせて頂きたいと思いますので、ご了承ください。
自分的にはこのサイトを読んで、いろいろ疑問に思うことがあり、信頼できるサイトとは思わなかったのは事実です。

そのサイトは出鱈目ばかりなので読むだけ時間の無駄です。
かなり偏った考え方をしているので、いい迷惑です(飼主がそのサイトを信じて誤ったことをしてしまい死んでしまった犬もいます)。
とある癌のリスクは上がる(0.1%以下のものが0.4%ぐらいになる)ことは事実(統計的な研究なので機序は不明)ですが、20%近い精巣腫瘍(悪性は4~10%)の発生率は去勢で0になります。
悪性腫瘍全体で見ればリスクはかなり下がります。
詳細な説明を求められたら、その点の説明もちゃんとする獣医もいますよ。
心臓疾患のリスクが半減する(40~50%が20%に)だとか、あまり知られていないメリットもあったりします。

よく避妊去勢反対派が「避妊去勢すると○○の発症率が○○倍になる!!」とか鼻息荒げて言いますが、大抵その病気の元々の発症率が物凄く低いものなので全く気にする必要ありません。むしろ避妊去勢をしないことにより発症する病気や無駄なストレスによる免疫力の低下や躾のしにくさの方が心配するべきです。
♂の前立腺肥大、♀の乳腺腫瘍の発症率は高いですよ。

本当に避妊去勢でそんなに病気になりやすくなるのであればとっくに世界中で大問題になっているはずですから(笑)。

ただし大型以上の犬は早過ぎる避妊去勢により骨組織系(特に肢や肢の関節部分)に悪影響が出やすくなることは事実です。
大型犬種を飼っている方は手術の時期に要注意です。

【追記】
他の回答者様達が揃ってリンク先をボロクソ言っているので気になってクリックしてみました。

出たぁぁぁぁーーーっ!基地外ノーリードパピヨン飼い!!wwwww
超有名なDQNです。壁紙見た瞬間わかりましたwwww
右の欄に書いてあることをご覧下さい。間違ったことばかりです。タマネギが有益って…(青ざめ)。>私の持っている腫瘍学の本を広げてみましたが、
脾臓の血管肉腫に関しては去勢避妊の差に関しては無いと書かれています。
実際に日本での腫瘍発生のデーターの中の脾臓の血管肉腫での避妊去勢の率を見てみましたが、
私の見たデーターでも差はなく、どちらかといえば去勢をしていない雄での発生が多かったです。
犬の血管肉腫は犬の腫瘍全体の発生率言えば、1%もありません。
簡単に言えば、1000例の腫瘍症例を見る病院があって、
その病院では脾臓の血管肉腫は10例もありません。
1000例見る病院では、かなり腫瘍を見ている病院になりますが。
10例もなく、そのうち雄と雌が同様に発生するとなると、
雄5例、雌が5例になります。
その中で避妊去勢の比率を考えると、その比率は統計学的に意味のある数字ではありません。
(少なすぎて多い少ないを論じれない)
また犬種差なども考慮に入れると、もっと大きな母集団が必要にあり、
それだけの母集団のある、データーはほとんど無いと言っても言い過ぎではありません。
(私の見ている日本の腫瘍データーもそれなりの症例数ですが)
最終的に現在のところ、脾臓の血管肉腫に関して、避妊去勢の有無が影響するかはないと思います。
そのヒトのページでは乳腺腫瘍に関しても書かれていますが、
早期の避妊手術がなぜ乳腺腫瘍の発生を少なくするまでは詳細にはわかっていません。
(個人的な見解はありますが)
この話は、統計学的なデーターから出てきたもので、
色々と調べた人が、どうも早期に避妊した症例が乳腺腫瘍の発生数が少ないことに注目し、
今では、避妊手術術の詳細な時期まで見ています。
現在のところ、早期の避妊手術はやはり乳腺腫瘍の発生を大きく下げています。
私がここで乳腺腫瘍の話を出したのは、
犬の乳腺腫瘍は、犬の腫瘍全体の約半数を占めているからです。
犬の乳腺腫瘍は猫ほど悪くないと言っても、それに罹患し亡くなる場合も多く、
また具体的な数字はわかりませんが、子宮蓄膿症で重篤となったわんちゃんは今年だけでも数多く見ています。
我々獣医師は、統計学的なものもそうですが、
実際に避妊していなかったために罹患し、それで命が危険になったもしくは亡くしたわんちゃんを数多く見れば、
避妊手術をお勧めするのは当然のことだと思います。
もちろん、避妊手術での弊害も存在します。
ただ、乳腺腫瘍の発生率や子宮疾患の発生率、それが生命与える影響を考えると、
避妊手術をした方のメリットの方が大きい、これが事実だと思います。>plaza.rakutenのサイトは眉唾物ですよ。
100%信じない方がいいです。

大型犬程癌になるリスクは高いと言うしそれはあるかもしれないですよ。
姉が、2匹目のラブラドールを飼っていますが先代犬も今の犬も肥満細胞種に罹りました。
先代犬は転移して亡くなったけど、今の犬は完全寛解して今も元気にしています。

獣医さんとか何も知らないと言う人もいますが、経験知から言って間違ったことは言われないでしょう。
中にはいい加減な獣医もいるかもしれませんが。>

ミニチュアダックスフンドとラブラドールレトリーバーのミックスってなんて呼ぶん…

ミニチュアダックスフンドとラブラドールレトリーバーのミックスってなんて呼ぶんですか?教えてください><あと飼い方など飼育の仕方などが載っているブロク等があったら教えてください。

「雑種」だと思いますが。
何犬と何犬が混ざっていようと、品種が違う犬同士の子の場合「雑種」です。
チワックスだとか言う呼び名もありますが、正直くだらないと思います。
ショップなどが、よく売れるようにカッコイイ名前を付けただけのものです。
商品名と変わりません。
飼い方は、ダックス+ラブ÷2、という感じで良いのではないのでしょうか?関係無いのですが、MIX犬はデリメットが多いので、まともなMIX犬ブリーダーはいないと言われています(わざわざデリメットの多い犬種は作り出さないでしょう、普通は…)。

大きさの差から考えて、ミニチュアダックスフンドとラブラドールレトリバーが交配するのって大変そうですが・・・。

すごいミックスですね。>

家で犬を飼いたいと思っています!

家で犬を飼いたいと思っています!コーギーかラブラドールで迷っています(((o(*゚▽゚*)o)))家の周りにはたくさん犬を飼っている家があるので、そんなに無駄吠えをしなくて、よく出かけたいので車に乗せて出かけやすいのは、どちらだと思いますか??また、性格などで飼いやすいのはどちらですか?健康なのはどちらですか?質問攻めですみませ。
回答してくれたら嬉しいです!

我が家ではラブラドール・レトリーバーを飼っています。
コーギーとラブラドール・レトリーバーを比較すると…・無駄吠えはどちらかというとラブラドール・レトリーバーの方がしません。
(その方の躾にもよりますが)我が家の場合は朝・晩の散歩の時に吠えるぐらいで後は滅多に吠えません。
とはいえ、我が家では小型犬も6匹飼っていますので、その犬たちが吠えたりしたらたまに一緒になって吠えることはありますが…。
・性格はコーギーはわかりませんが、ラブラドール・レトリーバーは(あくまでもうちの場合)小さいときはもうやんちゃ坊主で好奇心の塊で落ちてくる枯れ葉に突進するような犬で、落ち着くまでに5年以上かかりましたね(^^;でも、本当に温厚で優しい性格なので、一緒に飼っている小型犬に嫌なことをされても何をされても一度も怒ったり、牙をむいたり、唸ったりすることはないです。
(今年で11歳になりますが、他人に対しても他犬に対しても同様に今まで一度もありません)・健康に関してはコーギーは胴が長い分ヘルニアなどになりやすいかもしれませんね。
ラブラドール・レトリーバーは大型犬にみられる股関節形成不全というのがあります。
幸い、うちのラブラドール・レトリーバーは股関節形成不全はもちろんのこと、今まで10年間病気一つしない健康優良児でしたが、昨年の10月に初めて体調を崩し、脾臓の血管肉腫と言われ、緊急手術して一命をとりとめ、現在も転移もなく元気いっぱいです。
あと、あなたのお宅で所有している車は何かわからないので、余計なお世話かもしれませんが…もしコンパクトカーとかセダンでしたら、ラブラドール・レトリーバーは難しいかもしれません。
我が家でラブラドール・レトリーバーを飼った時はオデッセイに乗っていたので、車での移動は楽でしたが、今は私のアウディ(セダン)と主人のコンパクトカー(日産ノート)なので、乗せるとしたら主人の車になるのですが、ラブラドール・レトリーバーを乗せるには少し狭くて可愛そうな状況です。
ですので、所有している車の大きさも関係してきますので、その辺も含め、ご検討くださいませ。

我が家には3歳のラブラドールがいます。うちのは、おっちょこちょいです><車にも乗せて年に数回ですが遠出もしますがちょっと大変で、一人では連れていけません。躾次第なのでしょうが…その点、コーギーだったら行動範囲が広くなるのではないのかなぁって思います。犬と泊まれる宿泊施設でしたらほぼ10㌔以下ですし大型犬可能施設は少しありますが犬は室内に入れなかったり(外のケージに入れる)するところも多いのでコーギーの方が旅行は楽しめるのでは…と考えました。ただ、ラブラドールはめっちゃ可愛いですよ(*???*).。.:*?無駄吠え等は個体差もあるのかと思います。>両方飼ってます。
どちらも当代2代目です。

ぶっちゃけてしまうと、物理的な大きさとパワーが違う位。
なんで、スペース取らないのと力勝負で負けずに済むのはコギの方。
一応あえて言うなら、ラブの方がデカイ分、食べる量も多けりゃ、排泄物もどど~ん、と。
薬の用量も多いので、もしもの時の医療費も嵩みます。
後は本当に、飼い主さん次第です。

ラブは大型なので運動量が必要なのは当然だとお思いでしょうが、コギもそのラブと全く同じだけの散歩を平然とこなします。
我が家は基本、2頭一緒に出掛けてますから、同じペースで同じ量です。
足の長さは1/4程しか無いんですけどね~( ̄∇ ̄)
3時間のトレッキングも軽々です。

どっちも同じ位に運動量は必要です。
しっかりガッツリ運動欲求満たして、躾入れておけば、コギも無駄には吠えません。
若干ラブよりは確かに吠えやすいですけど、その程度です。
逆に、運動量が確保出来なければ、どちらを飼っても、吠えるのは勿論、問題行動出まくります。

躾の入れやすさは、犬自身の持ち前の性格も関わってきますし、実は飼い主さんの性格にもよる(向き・不向きが、犬にも飼い主にも有ります)ので、どっちがどう、という保証はできません。

どちらでも、ご自分の好みで、ご検討下さい。>無駄吠え・ドライブ・飼いやすい・健康
コーギーかラブラドールどちらも問題なく飼えますが、
しいて上げるとコーギーが吠えるとかん高い声でうるさい。
ラブは、25ないし30kgありますから、病気の時大変です。
車酔いの心配はどの犬種にもありますが、ほとんど慣れで解決できます。

家族の協力があるなら、ラブラドールお勧めします。>コーギーとダックスフントはヘルニアになりやすいよ!ほとんどの犬がヘルニアになっております。
飼い易いのはラブですね!ただラブは大型犬になりますので散歩は最低でも一時間以上は必要になります。我が家は柴犬とアメリカンコッカースパニエル&柴犬のミックスを飼って居ますか散歩は一時間散歩しております。>私もポメチワの雑種を飼っています

飼うときに同じ掛け合わせの犬が白と黒の2匹いたらしいんだけど
白い方は活発で黒い方はおとなしかったらしいです

だから性格は犬それぞれにあるので犬種では判断できませんね
健康も犬それぞれなので店員さんに聞くといいです

無駄吠えはしつけや周りの環境になれたりすればしなくなります
そこは飼い主さん次第です

コーギーとラブラドールの絶対な違いは成長した時の大きさですね
そこはお家と散歩をする人と相談してください

大型犬はしつけをしっかりしないと大変です

あとは犬を飼うことは家族が増えるということです
最後まで責任をもつことを忘れないで下さい!>

犬の吠える、吠えないは

犬の吠える、吠えないは①犬種②しつけ③年齢④性別⑤大きさちなみに、スタンダードプードルはよく吠えますか?

少なくとも健康な犬で?以外の理由で吠える、というのであれば、それは○○だから吠えるのは仕方がない、ということになります。

大きさに関係なく吠える犬は吠えます。

ささいなことで吠えない、長時間吠え続けない犬種は、シーズー、ペキニーズ、パグ、キャバリア、日本スピッツ、柴犬、ウイペット、イタグレ、ラブラドールレトリーバー、などですよね?スタンプーは物覚えがよく賢い犬種ですが、前述の通り「しつけがきちんとできれば」のお話です。
私は犬の

②しつけ
①犬種

だと思います。
飼っていたスタンダードプードルは、幼少期に厳しく教えた甲斐があり、ほとんど吠えませんでした。訓練には出しませんでした。
いま飼っているトイプードルは、幼少期の躾に失敗したため、吠える犬になってしまいました。>少なくとも健康な犬で②以外の理由で吠える、というのであれば、それは○○だから吠えるのは仕方がない、ということになります。隣近所がある場所では飼ってはいけない動物になってしまいます。>現実からお答えします、吠えの問題行動のご相談で圧倒的に多い犬種は、ミニチュアダックスです、よく吠え、吠え続けることを選択育種された犬種なので当然、という感もあります。また、ジャックラッセルテリアなどのテリア種も些細なことに反応してよく吠えますが、長時間吠え続けるのはダックスのほうでしょう。

プードルはスタンダード、トイに関係なく、よく吠えます。警戒心が強いのと、神経が敏感なのでよく吠えますが、それはマルチーズ、ポメラニアン、チワワ、パピヨン、ヨーキーなども同様です。また牧羊犬も物音に敏感で、群れやテリトリーを守る本能が強いためよく吠えます。

ただ、上記のことは個体差も大きく、吠えない母犬、興奮しにくい親犬から産まれた子犬は吠えにくい傾向にあります、遺伝的要素もあるのです。日本スピッツなどは、外見を保ったまま、吠えることだけを減少させるよう吠えない犬をかけ続けた結果、吠えることが少ない犬になりました。

しつけはもちろん大事ですが、吠えやすい犬をまったく吠えないようにはできませんし、しつけにかかる労力は、吠えやすい犬と、そうでない犬とでは圧倒的に違いがあります。吠えないように運動をきちんとさせ、きちんと食事を与え、しつけもするが、基本的に吠えにくい犬がいい、というのなら、飼う犬種をある程度選ぶほうが無難です。

ささいなことで吠えない、長時間吠え続けない犬種は、シーズー、ペキニーズ、パグ、キャバリア、日本スピッツ、柴犬、ウイペット、イタグレ、ラブラドールレトリーバー、などです。>1.②躾
2.①犬種
3.③年齢
です。

犬種によって吠える犬もいますが、躾が一番です。でなければ吠える犬種はとっくに都会で飼う事を禁止されています。
年齢を入れたのは、高齢による痴呆の為、遠吠えをしたり、知ってる人に対して”知らない人”との認識をして吠える事があるからです。
性別というより、繁殖の必要もないのに避妊・去勢をしてないバカい主の犬が、シーズンに遠吠えする事はあります。
大きさに関係なく吠える犬は吠えます。>上手くしつけられるかどうかが大きなウエートを占めているのではと思います。
元々大人しい性格の子でも、「吠えたら良い事がある(吠えたらケージから出してもらえたとか、嫌いな犬がいなくなったとか)」と覚えてしまえば吠える子になるでしょう。

犬種によっては「吠えて獲物を追い立てる」など、吠える事を仕事にしていた犬は吠え易い傾向にあります。ダックスやビーグルなどは吠え易い上に、声が大きくよく通るので騒音問題に発展しやすいです(体力があるので一日中吠え続ける事ができる)。

年齢、性別、大きさは関係ありません。
スタンプーは物覚えがよく賢い犬種ですが、前述の通り「しつけがきちんとできれば」のお話です。私は犬の仕事してましたけど、飼い主が甘やかしたのかワンワン吠えているスタンプーも見た事がありますよ。>