ボストンテリア8歳の緑内障になって獣医から目を取ったほうが楽にな…

犬を飼っていて面倒くさいな~と思うことはなんですか?

犬を飼っていて面倒くさいな~と思うことはなんですか?うちにはボストンテリアが居るのですがお散歩中に話しかけられた人に「フレンチブルドッグですよね?^^」と言われる事がものすごく多くて軽くですがメンドクサイです。
向こうは当然フレブルよね?といったノリで話しかけてくるので「いえ。
ボストンテリアなんですよ~。
」と言うとちょっと怪訝そうにされます。
そして気を使ってしまって「あでもすごく似てますよねwよく言われるんですよ~」などと初対面の人についフォローしてしまう自分がいます。
人によっては「ボストンテ。

?フレブルとどこが違うの?」というような反応があります。
もうこの際、死んだ魚の目で「ええそうです、フレブルです。
」って言ってしまうか。
と夫と話したんですけど「いやそれは何か違う気がする」(フレブルが嫌という意味でなく)で即フレブルのフリをする案は却下されました。
以前秋田犬(ベージュの)を飼っている時はハスキーですか?とたまに言われてエエ?!と思っていた事も思い出しました・・。
例えばトイ・マンチェスターを飼っている人はしょっちゅう「ミニピンですか?」とか言われているのかな~とか気になっちゃいました。
他にもこんなことがあって・・・というようなお話があったら教えてください。
ぁあと犬の値段を聞かれるのも嫌いです。

うちもボストンテリアを飼っています。
「フレブルですね?」とよく言われますが、私の気分しだいで「ボストンテリアです」と答えたり、あまり話す気分じゃないときは「フレブルです」と答えてます(^_^.)私も質問者様と同じく「ボストン?は?」という顔をされたら思わず「ぺちゃっとした顔がフレブルと似てるんですよね~、祖先は似たようなものです」とか「井上真央ちゃんも飼ってます」とフォローいれたりします。
時々ボクサーにも間違われてるようで「すごい大きくなるんですよね」と言われたり。
さすがに「もう成犬です」と答えます。
私も犬種をたくさん知らないんでお互い様かなと思ってます。
そのぶん一発で「ボストンですね」と言われるとすごく嬉しいです。
下校中の小学生が「ボストンテリアだ」と言ったときはかなり感動しました(#^.^#)犬の値段聞く人は私も嫌です。
値段なんてどうでもいいですよね。

私の家もボストンテリアを飼っていて
質問主さんと同じことが多々あります・・。
「確かに似てるんですがボストンテリアなんですよ~」って返してます。
やっぱりパグやボストンテリアなどは仕方ないんですかね~。
うちも値段を聞かれたりします(;´`)

画像はうちの子です!
母のHPから画像奪ってきました(笑)>パピヨンなのに何度チワワと間違えられた事が…サイズ的にはチワワ寄りだけど、容姿だけでなく体のパーツひとつ取ってもどうみてもチワワとは違うんですがねぇ~頭の大きさや形の違いが分かりやすいと思う…パピヨンは小さくて石頭、チワワは少し大きめのアップルヘッド。
毛色が白黒なのでしょっちゅう「珍しいですね~!!」って言われます、確かに日本ではめったに見ないですが一般的な毛色でヨーロッパでは人気色らしいです。

一番困ったのは…小学生に名前を聞かれて教えてあげたら「クラスに同じ名前の子がいる」って言われた事、俗に言うペット名みたいな"キラキラネーム(DQNネーム)"では無いのですが、どう返して良いかわからなかったです。>ロングコートチワワを飼っています。他の方も書いていますが、値段の話が一番嫌です。ストレートに「いくらだったの?」より、「お高いんでしょう」が嫌です。寒いから洋服を着せていたら、バーゲンで買ったそんなに高くないものでも「お洋服もお高いんでしょう」とかも言われます。割と年配の人が多いです。あとは、パピヨンにすごく間違われます。耳が大きいから、らしいです。しまいに、「失礼ですが、ミックス犬?」とか。ミックス犬に失礼ですよね。散歩でお話は基本的に嫌いではないんですが、値段の話とかになると嫌ですね~。あと、柴犬を飼っている人がやたら多くて、飼い主さんとわんちゃんを覚えきれずに、こないだの時、という話をされて焦ることもあります(*^_^*)まだお散歩デビューの年だからなんですかね。>質問の回答になってませんが
うちの子はハスキー(しかもブルーアイ)なのに秋田ですか?と聞かれて驚いた記憶があるのですが、やっぱりそういう方居るんですねー。
飼ってるほうにしたら間違いようが無いですが。>ウチのチワワはスムースコートなので、チワワといえばロングコートしかいない。と勘違いしている人には「それ何犬?」と聞かれてめんどくさいです!散歩させてると近所の小学生からは「アノ人猫に紐付けて散歩してる~!」と囁かれます…確かに猫程の大きさだし、ツルッとした毛並みなので遠目からは猫に見えるけども……!>

ボストンテリアの優秀なブリーダーさんを教えてください

ボストンテリアの優秀なブリーダーさんを教えてください

優秀具合は個人的見解にゆだねられるかと思います。
私がおすすめするのはとにかくたくさんのブリーダーさんとお会いしてお話することです。

女性への質問です。

女性への質問です。
男性から「ボストンテリア」に似て可愛いね、と言われたら、女性としては、嬉しくないでしょうか?目がクリッとしていて、少し鼻が上向きだけど、 愛嬌のあるので、可愛いと感じるのですが…どう思われますでしょうか?

ボストンテリアが大好きだったとしても、「ブサ」カワ犬なので、やはりちょっと失礼かも。


目がクリッとしてて、愛嬌があって可愛いで良いんじゃないでしょうか(^_^;)

回答ありがとうございます!>

10ケ月のボストンテリアを飼っています。
先日、口の横が真っ赤になり血がにじんで…

10ケ月のボストンテリアを飼っています。
先日、口の横が真っ赤になり血がにじんでいたので、病院に連れて行きました。
私は「草にでもかぶれたのかな・・・」くらいに考えていたんですが、アトピーと言われました。
何のアレルギーかを調べれば、フードを調整してコントロール出来ると思い、約20000円を払い検査して頂きました。
結果が判明し、9ケ月間のプログラムで「減感作療法」というアレルギー性疾患の新しい治療法を勧められ、治るのならば・・・とお願いしました。
しかしパンフを見てたら、色々と副作用があるみたいで心配になってきました。
良い治療法ならば、無理してでもやってあげたいと思いますが、ご存知の方いらっしゃいますか?

現在1歳のフレンチブルドッグまるがアレルギーの為、急速減感作療法で治療中です。
アナフラキシーショックは確かに怖い副作用ですが、発生率はかなり低いのでそんなに心配しなくて良いかもしれません。
それでも心配ならば最初の数回は注意が必要なので注射を打ったあと数十分は病院で様子をみても良いと思います。
私も減感作を始める前はいろいろ不安がありましたが今治療を始めて愛犬のアレルギー症状は改善してきていると感じています。
質問者様のワンちゃんがもしアレルギーを除去した食事でも改善がみられないようでしたら減感作にチャレンジしてみても良いと思います。
私の悩んだ記録がフレンチブルドッグ広場というサイトの質問集に載っていますのでぜひ参考にしてみて下さい。
http://www.frebull.info/bbs/t2917/個人的に質問がありましたらぜひここでコメントしてみて下さい。
お返事書きます^^ワンちゃんのアトピーが良くなること願います!

減感作療法とは、簡単にいうとアレルギー物質を少ない量から徐々に増やしていき、最終的にアレルギーを克服させようとする治療法のようですね
何のアレルギーなのかによると思いますが、
アレルギーを克服して欲しいのであれば、有効な選択かもしれませんし
アレルギーを避ける事ができるのであれば、あえて無理して治療する必要もないのではないでしょうか>

先日は、我が家のボストンテリアの横隔膜ヘルニアについてご回答ありがとうござい…

先日は、我が家のボストンテリアの横隔膜ヘルニアについてご回答ありがとうございました。
手術は無事成功し特に問題なく過ごしていましたが、先日エサを食べた直後に少量そのまま吐いたりしたので予防接種に合わせて診ていただいたところ、また少し胃が飛び出ているとのことで再手術をすすめられました…。
前回穴が大きかったためギリギリ縫合した、「きちんと縫合できるか(横隔膜が足りなくなる?)正直開けてみないとわからない」との説明。
2ヶ月ほどで再発してしまったので再手術をしても、もしかしたらまた…と考えるとまたもや悩んでいます。
元気いっぱいでもうすぐ5ヶ月、3.9kgになりました。
アドバイスをいただけないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします(>人<;)

手術、決断したんですね。
小さかったのにがんばりましたね。
決断した質問者様すごい・・・私だったら今頃どうしていただろう。
><;サイズが小ぶりな子ですね。
元気でなによりです。
^^もともとの穴が大きかったんですね。
でも、とりあえずは穴が小さくなっている状態なわけですね。
食後に吐くのが頻繁でなければ、様子見でもよいのか獣医と相談してみては?小さな穴でなおかつ日常生活に支障が出なければ普通に過ごせる子も多いと聞きます。
その場合、食事回数を工夫(少量で回数を増やすなど)するとか、なにか悪化させない工夫が必要かどうかも聞いてみるといいと思います。
横隔膜自体が形成不完全?なためか状態や縫合の仕方や予後もいろいろのようですね。
知人のダックスでは、心肺に影響するヘルニアで手術して予後もよかったのですがやはり?完全ではなく、でも呼吸もおかしくなることなく元気でした。
一度手術すると癒着の可能性もあるとかで開腹しても閉じる場合もあると言われたそうで、しかも穴は小さかったためそれ以上の手術はしませんでした。
その子はすでに亡くなりしましたが原因はほかの病気だったと聞いています。
もし緊急を要するものでなければ、このままの状態で、胃が出ている状態はどの程度でどんな状態か(将来的に大きな問題に発展するほどか?穴が成長とともに大きくなるか?など)、その状態で胃が出ることでどの程度のどんな危険があるか(壊死?とか)、定期的な血液検査などは必要か(肝機能など)、など、聞いてみるのもいいかもしれません。
仔犬ですし、成長に伴って好転するなどの変化とかは見られないのでしょうか・・・。
素人考えですみません・・・。
手術前と比べて現在の穴がどれくらいで、どれほどの危険があるから手術が必要で、どれくらいの緊急性があるのか。
それが気がかりですね。
なんの解決策も見出せずにごめんなさい。

来月で五ヶ月になるボストンテリアの女のコ飼っています。

来月で五ヶ月になるボストンテリアの女のコ飼っています。
最近だんだんと私の言うことがわかってきている様なのですが、どうしても直して欲しい事があります。
それはお客様が来ると興奮してか嬉しいからか飛び付いたり飛び跳ねたりしながらオシッコをあちこちに撒き散らします。
何を言っても聞かないので抱っこして違う部屋へ連れて行こうとするとクネクネしながら私から逃げようとします。
子犬はまだ膀胱の筋肉が強くないから興奮したり嬉しいと漏らしてしまうと聞きましたがどうしても直してほしいです…。
何かよいアドバイスはないですか?パピークラスに連れて行きたいと考えています。
やっぱりあちこちにお漏らしする様なコは嫌がられるんでしょうか?

かわいいですね~(^-^)人なつっこくてはしゃいでうれションしちゃうんですね!うれションは直りますから大丈夫ですよ。
私も愛犬が子犬の頃、帰宅時のうれションと甘噛みに悩んでパピー教室に通いました。
嫌がられるなんとことないですし、とても勉強になりました。
ご心配なら、問合せ時に電話でうれションのことを話しておき、少しでも嫌そうな話しぶりが感じられたら別のパピー教室を探した方がいいですよ。
そんな教室よくないですから…。
あと一応、パピー教室で教わったうれションの直し方も書いておきますね。
うれションは、明るくてテンションの高いワンコがすることが多いそうで、テンションのコントロールができるようになることが大切だそうです。
とにかく飼い主が落ち着かせられるようになることです。
飼い主の帰宅時や、ケージから出す時に(生活スタイルによって変わりますが)、「お座り、待て」をさせて、少しでも動いたら、ドアを閉めてしまいます。
座ったまま待てなければ、飼い主はいつまでも家に入れませんし、いつまでもケージから出られません。
ちょっと面倒ですが、これだけでかなり落ち着きが出ますよ。
また、協力してもらうる知人がいらっしゃれば、家族の次はお客さんでも練習するといいですね。
うちの犬はもうすぐ1歳ですが、テンションの高さは相変わらずです。
なので、例えばドッグランの入口などでも落ち着かせてから入るよう頑張っていますよ~☆

ボストンテリア8歳の緑内障になって獣医から目を取ったほうが楽になります

ボストンテリア8歳の緑内障になって獣医から目を取ったほうが楽になりますと言われました。
そのままで点眼、薬治療をしてもお金がかかるのはわかってますが、どうしてもかわいそうでできません。
同じような方どうされてますか?補足回答ありがとうございます。
今日、病院に行ってよく聞いてみた所緑内障まではいってないけど、眼球が脱臼している状態らしいです。
眼球表面のレンズを取り除けばまた脱臼することはなくなるけど、眼圧は上がらなくならないとは言い切れないとのことでした。
脱臼してる目は現在見えておりません。
かわいそうと言ったのは、目を取り除く事がとても辛くかわいそうだと思いました。
その方が愛犬にとって楽な事なのでしょうけど…

同じく緑内障の柴犬を飼っています。
まず、緑内障は「治る病気」ではありません。
そして大変な「痛み」を伴う病気です。
治療というか、点眼や手術などで眼圧コントロールをしてある程度の痛みをおさえる(眼圧上昇を抑える)ことは、その犬によって期間はさまざまですが、可能です。
しかしいずれは失明を免れません。
さらにかわいそうなのは、失明しても眼圧は上がり続け、痛みは続くのです。
完全に目が死んでしまうまでは。
痛みは相当なものらしいです。
先の方もおっしゃってますが、いったい「何がかわいそう」なのか、もう一度考えてみてください。
ちなみに私の犬は、緑内障に気づいたとき、まだ視力があったので、外科的手術で眼圧を下げ、視力を約二年半、保ちましたが、その後再び眼圧が上がり(再び痛みが出始めた)ので「眼内義眼手術」をしてもらいました。
よって失明しましたが、見た目はほとんど以前と変わりません。
でもこういった手術は専門医にかからないと無理かもしれません。
それから片眼が緑内障になると、もう一方の目も、いずれなる可能性がとても高いので、それは覚悟しておいてください。
いずれにしても、かなりお金はかかります。
お金がかかることと、「かわいそう」は別のことです。
私は言葉で辛さを訴えられない犬が、痛みをひたすら耐えていることが一番かわいそうだと思うのです。

点眼、内服だけで眼圧のコントロールが出来るならば、摘出までする必要はないか、でしょうけれど……
残念ですが、そういった治療で眼圧が押さえられないとなれば、ワンコさんはとても痛い思いをしている筈なんです。
獣医さんの言う、「取った方が楽になれる」というのは、ワンコさんのその苦痛を取り除いてあげられる、という意味だと思います。

現在の愛犬さんの正しい病状について、緑内障という病気について、治療の意味を、ご自分で理解できるまで、もう一度獣医さんに確認してみて下さいね。
どちらがどう ”かわいそう” なのか、考える必要が有ると思います。

摘出手術を薦められる位なら、視力は既に残ってないでしょう。
目を取ってしまうと外観が変わってしまいますから、それを ”かわいそう” とおっしゃるなら、義眼を入れる方法が有ります。

お大事に。>